PTEアカデミック スピーキングスコアが低い場合はマイク位置確認

マイクポジション要確認

スピーキングの問い合わせが多いのですが、一番多いのがスピーキングのスコアだけ明らかに低いという件。
本人は自信をもって解答できたのにもかかわらず、スコアが伸びない。
その場合マイクが声を拾えていない・または雑音が多くてスコア計算ができていない可能性が非常に高いです。
こちらのフォーラムでもスピーキングだけ低い例が複数挙がっています。


実際の試験前にスタッフから説明があると思いますが、マイクの位置はあごのあたりに下げてください。
もし口の前にマイクを置くと、唾などでマイクが正常に動作しない可能性があります。
以下のビデオで正しいマイクの位置になるよう確認してください。最悪の場合Oral Fluency・PronunciationそしてSpellingのスコアが限りなく0点(実際は10点)に近くなります。
そのままではいくら練習をしてもスコアに反映されないのでご注意ください。

ご質問はLINE@までどうぞ


Add friend

2 thoughts on “PTEアカデミック スピーキングスコアが低い場合はマイク位置確認

  1. 佐藤 聡美

    初めまして、Keiさん。
    PTE対策の唯一の情報源としていつも参考にさせて頂いて降ります。大変役立っております、ありがとうございます。
    すみません、同じような質問も多いかと思いますが、PTE speakingのoral fluencyとpronunciationの点数が取れず、PTEを受験するのはやめた方がいいのかと考えています。三回の公式模擬テストを受けてみたのですがoral fluencyとpronunciationの両方とも全部の回で10でした。
    開始前にはサイトのマイクのチェックは正常でしたし、マイクの位置も顎の下に置くように注意しました。テスト中も自分自身も大きい声で話したつもりです。KeiさんのサイトでありましたWeb speech AIを試してみて、完璧ではありませんが、ある程度は出来ていたのですが。
    これは私の英語がテストで認識されてないんでしょうか?
    自分なりに毎日Read aloudなど練習しているんですが、あまりに効果も出ず、どうしたらいいか分からない状態です。このままで続けてPTE勉強するより以前から勉強していたIELTSに戻したほうがいいのかなと考えています。ちなみに以前のIELTS受験では必要な7が取れず、苦手なspeakingとwritingが6しか取れませんでした。
    私のような状況ではPTE受験は考え直した方がいいでしょうか?
    長々と質問すみません。読んでくださってありがとうございました。

    佐藤 聡美

    1. Kei Post author

      ご連絡ありがとうございます。よろしければ「問い合わせ」より例文を朗読して添付していただくことは可能ですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です