PTEアカデミック Fill in the blanksは公式資料で十分

難易度高いです

PTEリーディングの最難関といえる問題が穴埋め問題の「Fill in the blanks」です。
単語自体の意味がわからず回答が難しい問題が多いです。
そういった問題には時間かけてないで大丈夫です。そこまで採点に響きません。
むしろ重要なのはコロケーション問題です。単語と単語の組み合わせですね。
難しい単語を覚える必要はあまりありません。コロケーション問題が解ければ十分PTE79(IELT8.0)とれますのでご安心ください。

例:
1. academic world
2. appropriate way
3. available resources

こういった問題は分かってないと回答できません。コロケーションに最適な資料はピアソン自ら配布しています。

合計2469種類のコロケーションが載ってます


やたらあります。
ひたすら40ページ以上コロケーションの組み合わせです。
以下からダウンロードできます。


実際の試験の問題でもたいてい似たような問題が出ます。
まあピアソンが提供しているリストなので当然といえば当然ですね。
なのでコロケーションはこれだけで十分です。他には何もしないで大丈夫です。

毎日目を通すだけで大丈夫

すべて覚えるのは無理ですね!諦めましょう。
もともと全部覚える必要必要はありません。
こういった言葉の組み合わせもあるんだ、という感じでなんとなく理解していれば大丈夫です。

ご質問はLINE@までどうぞ


Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です