PTEアカデミック Writing IELTS6.0あればPTE65(IELTS7.0)は対策不要

PTE65 (IELTS7.0)を目指している方はPTE Writingの対策は不要です。
PTE WritingはSummarize Written TextとEssayの2つの問題タイプが出ます。
Summarize Written Text (以下SWT)
数パラグラフの文章を読み10分以内に70字以内で一つの文章にまとめ、要約します。
試験により2~3題出ます。
Essay
基本的にIELTSと同形式のエッセイ問題。問題が提示され自分の意見を20分以内に200~300字で書きます。試験により1~2題出ます。
SWTはとても簡単です。
それぞれのパラグラフから重要そうな部分を抽出して一つの文章にするだけです。
文章をそのままコピーしても全く問題ありません。
Essayも非常に簡単。
IELTSのWritingエッセイを理解していれば何の問題もなく取り組めます。
IELTSと違い、テンプレートを使っても減点されません。
そのため時間を十分にかけて答えの質を上げることが可能です。
採点が非常に寛容的
グラマー、スペルミスなど多少してもスコアに影響しません
私はパソコンでもスマホでも予測変換を常に使っているので、試験ではスペルミスばかりです。
スペルミスがゼロだったことはありません。
それでも90(IELTS9.0)を得点できました。
そのためスペルミスは気にせず、簡単なグラマーで、テンプレートを使ってわかりやすい文章を書けば65点はとても簡単にとれます。
一度サンプルテストを受けてみてWritingセクションで50点以上あれば本番の試験で65点とるのは全く難しくありません。
以下のリンクから公式サンプルテストを購入可能です。本番に近い形式の2回分のオンラインテストが60USドルで購入可能です。
IELTSライティングで燻っている方は一度試してみてはどうですか。
https://ptepractice.com/

一度受けてみましょう

IELTS7.0取れないで苦しんでいる方はPTEのサンプルテスト受けてみてはどうですか。

https://ptepractice.com/
PTEアカデミックには公式のサンプルテストがあります。60アメリカドルを出すことで二回のオンライン模擬試験を受けることができます。この試験を受けることで実際の試験に慣れることができま、60ドルで2回分の試験を受けると思えば安いものです。

IELTS6.0とれていればIELTS7.0相当(PTE65)のスコアはコツを掴んで練習を重ねれば十分可能です。

このサンプルテストを通して実際の試験に慣れることが重要です。サンプルテストは実際の試験より難しく設計されているため、実際の試験では高い点数を期待できます。理由としては、サンプルテストを通してPTEの試験形式に慣れる、そしてサンプルテスト自体が難しいためです。

そのためこのPTEのサンプルテストで50/90取れていれば本番の試験で55~60点程度取ることは現実的です。65点あればIELTS7.0相当のスコアになります。

私の知り合いでサンプルテストで40点台をとった人が実際の試験で70点を取りました。一人や二人じゃありません。この方はIELTSで目標のスコア取れずに悩んでいました。その後PTEのサンプルテストを受けて1回の試験を受けただけでIELTS7.5相当のスコアを手に入れて希望の大学に入学することができました。そのため、IELTS5.5さえ取れていればIELTS7.0程度のスコアをPTEでとるのはとても現実的です。

英語の能力試験はただの試験です。対策を取れば取るほど成績は上がります。ただIELTSは基本的に難しくPTEの試験は非常に対策がしやすい、ただそれだけです。どちらの試験が良い悪いと言うのはありません、それはただのそれぞれの英語の試験の性質です。

ただ全体的にPTEの方が対策がしやすくスコアは上がりやすい傾向にあります。もし時間がなく早く留学をしなければいけないと言う場合にはPTEはすごく有効です。

注意点としては希望の教育機関がPTEを受け入れているかどうかを確認することが必要です。

英語マニアのような方にはPTEはとても物足りなく感じると思います。私のようにそもそもあまり英語に興味がないような人にとってはPTEはとても手っ取り早く希望のスコアまた少ない労力で得点することが可能です。PTEのスコアは通常5日以内にオンラインで成績を確認することができます。これはIELTSの2週間と比べても非常に速い。時間がない時にとても役立ちます。そのような方にとってはPTEをお勧めします。

IELTSでくすぶっているようなら、PTEのサンプルテストを受けてみて希望のスコアが取れるかどうか試してみてはどうでしょう。

ご質問はLINE@までどうぞ


Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です