PTEアカデミック Repeat Sentence 対策法と採点方式

Repeat Sentence

録音を復唱するシンプルなスピーキングの問題です。一つの問題につき5~20文字程度の録音が流れます。合計10~12問程度出題されます。録音が修了してから数秒後に復唱します。3秒以上マイクに何も話さないとその時点で解答録音は終了します。この問題は79を目指さない限りあまり時間をかける必要はありません。難易度が非常に高く、私も全然できませんでした。全体で半分しかできませんでしたが、それでもSpeaking 85とlistening 79取れたので、そこまでスコアに影響しません。なぜか?それはRSの採点方式を見ればわかります。


PTE Academic Score Guide page 13-14
スコアは一問につき0~3点
0点 全く話さなかった
1点 半分以下正解
2点 半分正解
3点 完全正解

このように、半分出来れば2/3もらえます。上出来なのです。RSのスコアはSpeakingとListeningのスコアに影響します。ただ、毎日練習してまでスコアを伸ばす必要はありません。なぜならPTE Listeningは難易度が高くなく、もしRSができなくてもListeningセクションで挽回することは十分可能です。それよりもRead Aloudなど確実にスコアが伸びる部分に集中しましょう。

対策

録音のまま話そう
ただ録音するだけでは高得点をとれません。発音やトーンも採点に考慮されるからです。録音者になった気持ちで解答しましょう

すべて覚える必要なし
すべて覚えるのはほとんどの人にとって不可能です。部分的にできれば上出来です。

メモ書きは多くの場合不効率
録音が短くない限り、すべてメモするのはほぼ不可能です。耳で聴いてその聴いたまま解答しましょう。

言葉の塊で話す
録音の中から一単語を解答しても採点されません。言葉の塊で話しましょう。

目をつぶる
録音が流れている間は目をつぶって集中しましょう。

暗唱してから話す
録音が流れた後にすぐ頭の中で繰り返してから復唱すると、人によっては記憶が残りやすいようです。

大きな注意点として、一語一語を録音から復唱しても得点にはほとんど影響しないため無駄です。

また言い換えも全く得点されません。

録音のままのアクセント、発音そして文章を復唱することで高得点をとれます。

例文

If you are unable to complete this task in time, please notify me by phone.

この例文の場合、ただtaskやnotifyを復唱してもスコアはゼロです。

unable to complete the taskやby emailなど言葉の塊で復唱することで初めてスコアにつながります。

Repeat Sentenceの問題で満点を取るには完璧に復唱する必要があります。

そこを目指す必要は全くありません。ほとんどの人にとって不可能だからです。

上記の例文でしたら、

If you are unable to complete this task in time, please notify me by phone.

太字の部分さえ復唱できれば3点中2点獲得できます。これで十分です。

もちろんもっと速く長い問題もあります。もしできなくても落ち込む必要はありません。大事なことは簡単な問題で確実に2/3を獲得することです。PTE79 (IELTS8.0)を狙ううえでこのセクションで満点を取る必要はありません。Read Aloudのほうがもっと重要です。確実に得点の底上げが狙えるからです。

ご質問はLINE@までどうぞ


Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です