PTEアカデミック Write From Dictationは複数セクションに影響

リスニングの書き取り問題です

Write from Dictationは流れた音声をそのまま書き取るリスニングの問題。これはリスニングとライティングのスコアに影響します。また1単語1点で計算されます。

例えば以下の例文。

When is the deadline for the submission for the thesis?

合計10単語ですね。もし全ての単語がこの順番で書かれていればリスニングとライティングに加算されます。
もし5単語正解でしたらリスニングとライティングに5点ずつ加わります。単純ですね。
合計5問程度出題されます。ここで最大50点スコアの底上げが出来ます。

書き取りの練習をしよう

練習方法はとても簡単。

教材はなんでもいいので、一文章ごとに区切って書き取る練習をするだけです。

私は大体7割ぐらいしか出来なかったと思いますが、リスニングライティング共に問題なく79以上でしたので、できればボーナスポイントぐらいで考えてください。

気をつけること

最初の単語の一文字目は大文字です。

また文章の終わりは必ずクエスチョンマークまたはピリオドで終わらせてください。質問形式でしたらクエスチョンマーク、それ以外はピリオドです。

またtheやaなどあらゆる単語が加点対象になりますので注意してください。

基本的には減点がないと言われています。

そのため解答に自信が無くてもとにかく書きましょう!加点の可能性がありますから。

直接タイピングしてください

メモ取りに書いていたら間に合いません。

レコーディングを聴きながら直接キーボードで打ち込んでください。スペルミスなどは後でレコーディング終わった後修正できます。絶対こちらの方が速いのです。

65点必要な方は練習しましょう

完璧にできる必要はありませんよ。私も全然出来なかったので。毎日10分でも良いので練習すればすぐ成果は出ます。

ご質問はLINE@までどうぞ


Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です