基礎単語力アップは英英辞書より英和辞書を使おう

多読してました

私がオーストラリアに来る半年前までは毎日英語の本を読んでいました。最近は忙しいので出来ていませんが。
ベッドの横には常に数冊置いていつでも読めるようにしていました。またスマートフォンも横に置き、わからない単語があればいつでも意味を調べられるようにしました。
使っていた紙の辞書は以下の英和辞書です。今も手元に置いてますよ。


最初から最後のページまで全て目を通すのを3周ぐらいしました。
もう全く覚えていませんが笑 結局興味ないことだと人間忘れちゃうんですよね。

英語辞書の違い

さて英語の辞書ですが、英日&日英と英英の二種類があります。
英和・日英は英語<->日本語で英英は英語->英語です。
日英は英語もしくは日本語の単語の意味を逆の言語で説明しますが、英英は英語単語の意味を英語で説明しています。

英英辞書はおすすめ?

英英辞書をお勧めする方がいますが、自分の英語力が高く無い状態で英英を使っても効果は薄いです。
なぜかというと英語力が中途半端なまま英語だけで説明された分を読んでも頭にスッと入ってこないからです。
そもそも日本語でも分からない単語があるのにいきなり英英辞書を使うのは無謀すぎます。
そうなると単語の意味の説明文の中にもわからない単語を見つけてしまい単語の意味を調べるという本来の趣旨からどんどん外れていってしまいます。
私も実は昔英英辞書を使っていました。上記のようなスパイラルのはまってしまい、1週間でやめました。
ちなみに購入したのは以下の辞書です。

基礎単語力なしで英英辞書は難しい

英英辞書を使いこなせるのは基本単語を理解してから。適当ですが5000語くらいですね。ソースはありません。
ちなみに私はオーストラリアに5年いますが、単語力がないので今でも普通に英和辞書ですよ。何の問題もありませんが。
オーストラリアにいるから英語で意味を調べるというのは理解不能です。どんな状況でも、分からないことがあるなら自分がわかる方法で調べるのが最適なのです。
私は向上心がないので参考になるかわかりませんが、言語を学ぶ上でカッコつける必要はありません。
一番大事なのは費やす時間効率性
英英辞書でわからないのなら英和辞書を使えば良いのです。

一番自分に適した勉強法を考える

英語だから英語で学ぶべきだという考えは無駄です。私たちは日本人なので基礎英語単語に関しては日本語で学ぶ方が10倍早く覚えることは出来ますし10倍効率が良いです。
こんな私ですらIELTSのリーディングは9.0取ってますので問題ないでしょう。
英語力が上達してから英英辞書に取り掛かっても全く遅くありません。
私のように基礎があまりできないのなら、英和辞書を使うのが一番効率よく単語力が上がりますよ。
もう一度言いますが、英語なんだから英語で学べという理論は上級者の考えです。自分の英語力に自信がないのなら英和辞書を使うべきなのです。それは何ら恥ずかしがることではありません。私もいまだに使ってます。
皆それぞれ向き不向きがあります。自分にあっている勉強方法を見つけることは非常に大事です。自分の足元を見て確実に英語力を上げていきましょう!

ご質問はLINE@までどうぞ


Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です