PTEアカデミック よくある質問集

全体

Q. 全セクション50が必要だが、模試で全セクションで50をこえたことがない

A. 模擬試験は本番試験より低めにスコアが出るため、模擬のスコアに5~15点加えたのが本番のスコアになります。そのため模擬試験で45点程度取れていれば本番で全セクション50突破は十分現実的です。

Q. IELTSオール6に失敗し続けています。PTEでオール50 (IELTSオール6)のほうが簡単に達成できますか

A. 人によります。一度サンプルテストを受けてみることをおすすめします。

PTE Practice
https://ptepractice.com/

Q. 試験によりスコアが大きく上下する

A. 複数要因がありますので一つの答えをだすのが難しいです。たとえばマイクがきちんと認識していなかった場合はスピーキングだけでなく、リーディング・リスニングのスコアにも影響するはずです。

本番

Q. 周りの受験者の回答が気になる

A. 慣れるしかありません。とにかく自分の回答に集中しましょう。あまりにうるさい場合は手を上げましょう。試験管の方が注意してくれるかもしれません。

サンプルテスト

Q. PTE Practiceの模擬テストはどれを買うべき?

A. 金額による違いはテストの回数です。節約したい方はとりあえず一つ買ってみることをおすすめします。それで十分結果がでたのであれば無駄な出費を避けることができます。

Q. Oral FluencyとPronunciationがスコアされない

A. 複数の要因が考えられます。

1. マイクの調子が悪い – 試験を受ける前にコンピューターがマイクを認識しているかどうかチェックしましょう。
Windows – https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4027981/windows-10-how-to-set-up-and-test-microphones
Mac – https://discussionsjapan.apple.com/thread/10055908

Q. スピーキングは専用マイクを使うべき?

A. パソコンの内蔵マイクでも受験可能ですが、雑音をキャッチしてしまう可能性がありますので、マイク付きのイヤホンなどを使用することをおすすめします。高級機である必要はありません。

スピーキング

Q. スピーキングのスコアが上がらない

A. まずはスピーキングのどの部分でスコアが取れていないか分析する必要があります。例えばスピーキングとリーディングのスコアが低い場合はRead Aloudでスコアを落としているかもしれませんし、スピーキングだけが低いのでしたらDescribe Imageなどで強化する必要があります。

Q. スピーキングはどうやって練習すればいいですか

A. 以下は私が実際に使用していた教材です。
Read Aloud, Repeat Sentence – VOA Learning English https://learningenglish.voanews.com/
Retell Lecture&Summarize Spoken Text – 60-Second Science – Scientific American https://www.scientificamerican.com/podcast/60-second-science/
Describe Image – IELTSライティングのパート1を利用して練習していました

Q. Retell Lectureでしゃべることがなくなった

A. 今まで喋った内容を繰り返すなどして制限時間いっぱい解答しましょう。回答が長いほどスコアががる可能性があります。

ライティング

Q. スペリングとグラマーは70以上にもかかわらずライティングのスコアが60以下だった

A. コンテンツのスコアが十分に取れていない可能性があります。SWT、エッセイともにトピックセンテンスを多く入れるよう心がけましょう。

Q. スペリングが低すぎる

A. スペリングはそこまでスコアに影響しないため気にしないで大丈夫です。もちろん改善できれば一番ですが、コンテンツ部分で十分なスコアを取っていれば問題ありません。

Q. テンプレートは使うべき?

A. 使うことをおすすめします。テンプレートを使うことでGrammarとWritten Discourse、それに加え普段使い慣れているテンプレートを使うことでスペルミスも減りSpellingスコアの底上げに繋がります。ただ、使用するテンプレートの質が低いとそのままスコアに影響しますので、きちんとチェクした上で使用しましょう。

Q. エッセイは何文字以上書くべき?

A. 300字を目指して少なくとも250字以上書くようにしましょう。

Q. スペル・グラマーチェックにはどのくらい時間をかけるべき?

A. Summarize Written Text&Summarize Spoken Textは1分間、Essayは2分程度を目安にチェック時間を割り当ててみましょう。

Q. スペリングが上達しない

A. PTE common spelling mistakesで検索してみましょう。

リスニング

Q. メモ取りはタイピングかノートにメモするのかどうチラが良いですか

A. タイピング速度が速ければ断然タイピングです。タイピングスピードはライティング&リスニングスコアに大きく影響するため、なれていない方は練習しましょう。

Q. Summarize Spoken Textが30字程度しか書けなかった

A. 50字以上書くよう心がけましょう。もし短すぎる場合はテンプレートなどを使用して長くしてみましょう。

ご質問はLINE@までどうぞ


Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です