PTEアカデミック ライティング スペルミスに要注意

結構ミスしてます

ライティング、特にエッセイ問題。20分間で200字以上の文章を書かなければなりません。

普段からtypoチェッカーを使用していると単語のスペルミスにすら気がつかないこともあります。私も最初はそうでした。

スペルミスを少なくするのには、

1.文字修正機能をオフにしてエッセイを書く練習をする
2.記憶があやふやなスペルの単語を使用しない

この2点が挙げられます。

エッセイ練習

毎日一問、文字修正機能を切った状態で練習してみましょう。一週間もすればどういった単語に気をつければいいか自分の中でだんだんわかってきます。

難しい単語を使わない

エッセイなので、難しい単語を使って点数を稼ぎたい気持ちは分かります。それでもスペルが間違ってれば加点されません。逆にスペルミスで減点となってしまいます。

自信がない場合は、似ている確実にスペルがわかる単語を選ぶ方が確実にスコアが上がります。実際に私がライティングで満点を取った際も、シンプルなグラマーと誰でもわかるような単語しか使ってません。

グラマー、スペル、キーワードセンテンス。これらがカバー出来れば比較的スコアを上げやすいのがPTEアカデミックのライティングセクション。確実にミスを減らして高得点を目指しましょう 🙂

ご質問はLINE@までどうぞ


Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です